占星術クラス

 

 


占星術師養成コース(動画受講)(小惑星講座動画やテキストも含みます。)

(動画講習22時間弱)

A$1350動画受講(再受講の方はA$700、また、占星術ベーシッククラスを受講済みの方の場合はA$750)(動画受講の場合でもオンタイムで受講が可能な日にはオンタイムで受講していただくことができます。動画は録画はできません。オンタイムでフルで受講が可能な方でも後ほど動画でも受講したい方はこちらをお選びください)

再受講の方は半額にて最新テキストと最新動画講座をお渡しします(視聴期間は1ヶ月)

 

一般的な占星術クラスで学ぶような知識や情報にプラスして、ホロスコープの位置をただ言葉に訳すだけでなく、その人のソウルジャーニーに寄り添い、ホロスコープの奥に隠れた本質と、その人のスターからのメッセージを受け取りながら星読みができるようになることを目的としたクラスです。

 

まずハウス、惑星、サイン、アングルといった基本的な占星術の知識とアスペクトやハイパーアスペクトとともに自分のホロスコープが読めるようになります。

 

さらに詳しい情報を学ぶことによりより詳しくホロスコープが見れるようになります。
例えば太陽が獅子座にあっても、1度の獅子座か?29度の獅子座か?によって
その影響は違います。またその太陽がどの惑星とアスペクトをとっているか?
そういうことも読んでいかなければネイタルチャートを読むことはできません。例えば火の行動する質を持っていても、
自分の体内リズムが行動的でない時はそれが出にくいし、外から抑えられていると
やはり行動できませんから、その時の自分の状態は3つの角度から読む必要があります。

そのためにプログレス、トランジットとともに3重円で今の状況を読む方法をお伝えします。

さらにそれができるようになると世界情勢、イベント図などが読めるようなっていきます

さらに、風の時代の占星術は『小惑星をしっかり読むこと』でより明確なメッセージにつながっていきます。ガイアハウスの占星術師養成コースでは風の時代に影響を与える小惑星についても学ぶことができます。

クラス受講後に申請いただければサーティフィケートを発行します。

 

このクラス受講中または受講後に推奨していること

このクラスでは占星術の星読みに必要な知識とテクニックをお伝えしますが、星読みのスキルは実際にホロスコープを見ながら星読みする現場での経験と実践の積み重ねにより磨かれていきます。
毎月の新月の星読みお茶会への参加や動画受講と毎月の天体の動きと太陽星座別の星読みをシェアしている宇宙会議室への参加を推奨しています。

 

占星術ベーシッククラス(動画受講)(小惑星占星術の動画とテキストも含まれます)

A$600

占星術師養成講座の中のベーシックな占星術の情報を抜粋して(サインや天体やハウスの意味とバースチャートの読み方)を提供するクラスです。
セプタグラムソウルジャーニーコーチングのプラクティショナー資格クラスを受講する方は、占星術クラス受講が前提条件となっておりますので、占星術師養成コースの代わりにこちらの占星術ベーシッククラスを受講することが可能です。
ですが、セプタグラムソウルジャーニーコーチングのレベル3受講の際には説明動画養成コースの受講が必要になります。すでに占星術ベーシックを受講した方が説明動画養成コースを受講する場合は、占星術師養成コースの金額から占星術ベーシックの金額を差し引いた金額でお申し込みいただけます。

 

 

 

 

風の時代の小惑星占星術講座(動画受講)

2022年8月以前のガイアハウスの占星術師養成コース受講済みの方のみお申し込みいただけけます!(それ以降の説明動画養成コースにはこの内容が既に含まれておりますので受講の必要はありませんので)

 

受講料
A$175

こちらからお申し込み詳細をご覧ください。

 

伝統的な占星術では小惑星は重要視されません。感受点の種類を増やすことで本当に重要な天体の影響を見逃す恐れがあるからです。

このことを確認してから小惑星とのワークを始めることは重要です。

占星術が時代を超えて愛されている理由は、占星術師の合言葉である、『上の如く下も然り』『as above so below』は宇宙の真理であり、『上』を知ることで『下』を予測できるのは確かなことであるからです。

 

つまり、天体の動きを事前に読み取ることにより、その影響をうけた地球上の私達にどのような経験が与えられるのか?を予測し、準備することができるのです。

 

そして、その影響の多くは占星術で伝統的に重要視されてきた天体から受けることになりますから、目新しい感受点に飛びついて、占星術本来のベーシックな星読みを蔑ろにしないように気をつけて小惑星とワークする必要があります。

 

ですから、小惑星との取り組みを始めるにあたっては、あくまでも、基本的なバースチャートとプログレスとトランジットのホロスコープの星読みテクニックを磨くことを怠らずにいることを意識し続けることを忘れないでください。

 

その上でやはり、風の時代の占星術師には小惑星の影響を考察する機会が必要かと思われます。

 

小惑星からの影響は微細で微妙です。ですから、生まれた瞬間からその人の人生に分かりやすく影響を与えるわけではなく、トランジットのホロスコープの大きな天体の影響を打ち消してまで、社会状況を変化させるわけではありません。

 

ですが、微妙で繊細だからといって影響力が少ないか?というとそうではなく、その波動は強力です。

 

小惑星はあなたが成長しソウルが進化すればするほど、貴女の出生図のある部分にフォーカスし、あなたの人生にその存在を表現し始めるのです。

 

ですから、人生のある時期からバースチャートの意味が変化し始めたと感じる時は小惑星からの波動を受け取り始めている場合があります。

 

そして、貴女が人生の意味やソウルの存在としての自分を思い出そうとし始める時、バースチャートの小惑星はより重要な存在となります。

 

 

 

また、トランジットのホロスコープにおいても明らかにベネフィック(吉星)の天体がソフトなアスペクトをとっているのに厳しい社会状況になる時や、

 

グランドクロスのような激しいハードなアスペクトがあるのに、社会全体にポジティブなニュースがやってくることがあります。

 

このような時も小惑星が影響を与えていることがあるのです。

 

ですが、

 

繰り返しとなりますが、感受点として小惑星を増やせば良いか?というとそうではなく、その時代において受け取る準備ができたものだけを受け取っていく必要があると感じています。

 

かつて、望遠鏡が発明される以前の占星術では土星までが存在として見えていたために土星までの天体を読んでいました。

あの頃に天王星や冥王星を入れて星読みをしたところで的外れな結果になったと思われます。

 

かつて、小惑星などは全く考慮に入れない時代がありました。その頃にベスタやジュノーを入れて読むと、本質からそれたものになっていたと思われます。

 

ということで、この1年間、トランジットのホロスコープと実際に世の中に起こった出来事を観察しながら、真実を読み取る役割をしている小惑星はどれなのか?を観察、分析をしてきました。

 

 

まさに、星の数ほどある小惑星の中から、もともとホロスコープに表示してきた天体と小惑星に加えて、今の時代に星読みに新しく加える必要がある!と感じた小惑星は5つ!と分かりました。

 

 

 

これまで、私も含め多くの占星術師が星読みのデーターである感受点の一つとして星読に加えていたセレス、ベスタ、ジュノー、パラス、カイロンという小惑星にプラスして、

 

今回新たに風の時代に無視できない新しい小惑星をご紹介し、その星読方法をお伝えするクラスです♪

 

ということで、全部で10個の小惑星を含めて星読をする占星術を学びましょう♪

 

 

 

〜サーティフィケートに関して〜

動画受講だけではサーティフィケートの発行はいたしませんが、動画お申し込みの日から3ヶ月以内にオンタイムの練習会にご出席くださいますと、申請が可能となります。(毎月練習会を開催しています)。
オンタイムでの練習会に出席し、私とのオンタイムでのリーディング練習をしていただいた上で、サーティフィケートの申請が可能となります。練習会出席後すぐに申請してください。

 

〜ガイアハウスのクラス受講にあたって〜

ガイアハウス主催の全てのクラスのテキストと内容はガイアハウスに帰属するものであり、無断で転載、使用、シェアすることは許可しておりませんのでお気をつけください。