書籍

この度、書籍を出版しました。
本のカバーの写真から購入出来ます。

『夢は感情で動く〜アストロドリームワーク(夢を叶える宇宙の22の法則)』と『月の感情デトックス』
〜人生を制限する古い呪文を解き、幸せへの新しい魔法をかけましょう〜

 

書籍紹介
私は幼い頃は人間と話をせず、石や見えない存在とだけ会話をしていた不思議な子供だったので親や周りの大人から変わった子供だと言われて育ちました。
そして、大人になってオーストラリアに移住し、そこで出会った旦那との結婚生活はクレジットカードの借金返済からのスタートでした。
初めての子供は成長が遅く、3歳になっても他の子供と同じように会話ができませんでした。その頃は、何もかもが私を不幸にしようと動いているような気がしていました。

私は親や社会の言う通りに勉強して大学に行き、高校と中学の社会科の教員免許を取りました。
でも、その流れの中で学んできたことを実践しても幸せになれなかったのです。
『ひょっとしたら、大人たちに言われるままに学んできたこと以外に幸せになる方法があるのかもしれない。』と気づいた私は、学校では教えてくれなかったことを学び始めました。そして、どんどん幸せになっていったのです。
そして今では、とびきりおしゃべりな二人の優しい子供たちに囲まれて、オーストラリアでワークショップスペースを兼ね備えたクリスタルショップ、ガイアハウスを経営するまでになりました。
幸せになる為の宇宙のルールは全て、学校では教えてくれなかったことだったのです。

幸せになる為の宇宙のルールに気がついてからは、私がなぜ人生の新しいスタートごとに宇宙から難題を渡されたのかという本当の意味がわかりました。『私は宇宙からこの難題を解くことを期待され、それが出来ると信用されているのだ』と感じることができたのは、実際にその都度、宇宙から夢を叶える為のヒントやアイデアをメッセージとして受け取ってきたからです。

その過程で、それぞれのソウルの使命と本質を読み取る個人セッション(対面やオンラインにて)を三千人以上に提供する経験をさせていただきました。
私のセッションは、私の持って生まれた才能である『人の内側からのメッセージを受け取る本質』と占星術やカラーとクリスタルの波動を通して行います。
その中で、夢を叶えて毎日喜びと満足感を感じて生きている方達には共通点があることにも気がつきました。
そして、それは私が受け取ってきた課題を乗り越える為のヒントと繋がっていたのです。

そこで、少しでも多くの人が幸せへの遠回りをしなくて済むように、学校で教えてくれないことを教える為の学校としてガイアハウスをオープンしました。
そして、もっと多くの方にその(幸せになる為の宇宙の法則)を知っていただく為に、今回本を書こうと思ったのです。

夢を叶える為の宇宙の法則は大きく分けると22個あります。そしてその全ての法則に関係しているテーマは『夢は感情で動く』ということです。
夢を叶える為の宇宙の22の法則すべてに、感情こそ夢を叶える為の道具であるという教えが反映されています。私はこの概念を持って生きるメソッドをアストロドリームワークと名付けました。
そして、それを実践して生きる為に必須のプロセスは『感情デトックス』です。

この本では、第1章では『夢は感情で動く〜アストロドリームワーク(夢を叶える宇宙の22の法則)』を全てご紹介しました。

そして、第2章では、皆さんが月のリズムに合わせながら感情のデトックスをするときにヒントになるようにそれぞれのサイン(星座)に月がいる時にお勧めの感情デトックスワークをご紹介しています。

この本を読まれた皆様が、自分の内側に押し込めてきた感情をレスキューし、宇宙の22の法則に気づくことで幸せになりますように。

 

 

著者紹介
新開マキ
オーストラリア在住の占星術師、2児の母。
オーストラリアシドニーにてワークショップスペイスも兼ねたクリッスタルショップを経営。
占星術、タロット、カラーヒーリング、クリスタルヒーリングなどのメソッドと目に見えないものを感じる独自の才能を使い、その人のソウルの使命、本質、才能やカラーを読む個人セッションの経験は三千人以上。
又、オーラソーマ、占星術、数秘術、カラーチャクラヒーリング、クリスタルヒーリング、レイキ、タロットリーディングを教えるティーチャーでもある。
さらに、セッションの経験と人の内側からのメッセージを受け取る才能を生かし、夢を叶える為のプログラム 『夢は感情で動く〜アストロドリームワークと月の感情デトックス3ヶ月プログラム』を開発。世界中の方がオンラインを通してこのプログラムを体験し、効果を上げています。

幼い頃は石や見えない相手と話をしていた不思議な子供でした。人と話をしない我が子を見て不安になった両親に医者に連れて行かれてから『言葉で伝えないと人には伝わらない』ということに気がついてからは、言語を話し始めました。それでも人間と話をするのは苦手だったので本ばかり読んでいました。そしてその結果、お勉強のできる子供になりました。
それからは『勉強しないと良い大学に行けない。大学に行かないと幸せになれない』という世間の呪文にかけられて育ち、大学を卒業して教員免許をとりました。ところが、教育実習に行った初日に『これは私のやりたいことじゃない』ということに気づいたのです。
そして、小学校から大学まで、日本の学校で教えてくれることを全て真面目にやり、大人たちの期待に応えるように頑張ってきたのに幸せを感じていない自分に気がつきました。『どうやら大人たちの言う通りに生きていても幸せになれない。幸せになるためには学校では教えてくれないことを学ぶ必要がある』ということにやっと気づきました。
大学を卒業してからは、色には一色ずつ特有の波動が存在していること、クリスタルにも波長があること、数字にも見えない意味があり私たちは宇宙の動きの影響を受けながら生きていて、森羅万象の一部として存在していることなどを学びました。そのうちに幼い頃の自分が人と話さずに石ころを集めて会話をしていた頃に見えていたものを思い出しました。
そして、私のように遠回りする人たちが一人でも少なくなるようにという思いを込めて、オーストラリアに『学校で教えてくれないことを教える学校』としてガイアハウスをオープンしました。今ではオンラインを通して、世界中の方に私の個人セッションやオンラインクラスを受講していただいています。

今世での自分の役割は、占星術を中心に、カラーや数字の波動やタロットを使いクライアントの内側のソウルにつながり 『本当の自分を思い出し、あなたが主役の人生を始める』きっかけとして、その人の才能や使命や人生の目的を伝えるメッセンジャーであり続けること。そして、本質のままに生きるコミットをした人達が『なんとなく幸せ』から『喜びにあふれた人生』へ戻る為の必須プロセスである『感情デトックス』の助けとなるオンラインプログラムやクラスも開催し続けることだと感じています。

 

 

書評

 

ひぐちみほ
在豪さとう式リンパケア・インストラクター
特別支援児童エデュケーター

 

宇宙のエネルギーは拡大、拡張し続けている、と言われていますが、宇宙の法則に沿って生きている人たちも同様に、拡大、進化し続けていると、人々を観察してきて思います。

この著者である新開まきさんとは、長いお付き合いで、お互い色々な事で悩み傷つき、自責や猛省を重ねた時も知っていますが、魂が望むこと、自分を信じ「ザ ガイアハウス」というお店を経営するに至った経緯や現在の様子をみて、彼女が最大のスケールで拡張しているのは、ただ宇宙の法則に沿った生き方をしているだけではなく、それを人に伝え、誰もが自分のスターが喜ぶ人生を歩んでいいんだよ、と、幸せの共振共鳴を起こそうと働きかけているからだと思うのです。

体験を通しての学びや、高額な講座にも匹敵する盛りだくさんの内容が、惜しみなくこの著書で開示され、幸せに生きるコツが随所に散りばめられています。

自分のスターを見つけて宇宙が喜ぶ生き方をしている人たちは皆、共通してキラキラ瞳が輝き、話を聞いている側にもワクワクが伝わって幸せな気持ちになります。

喜びに震える拡張の波動に乗り宇宙のサポートを享受されたい方は、神頼みする前にまずこの本を活用されることをお勧めします。そしてワクワクを広げてみませんか。

 

 

Akemi Campbell

 

オーストラリアの砂の島North Stradbroke Island在住。自然と共鳴しながら毎日を気持ちよく暮らせるようにマクロビをベースにクリスタルや色の波動を取り入れチャクラバランスを整える「幸せになるご飯」の料理教室や見えない波動を五感で味わい日常が喜びと幸せに溢れるようになるイベントやリトリートを島や各地で開催。他にもチャクラアセスメントとインナーチャイルドのセッションなど行なっている。

 

『夢は感情で動く~アストロドリームワーク(夢を叶える宇宙の22の法則)』と「月の感情デトックス」を知るまではそれなりに幸せで生きていた。今と比べると私は現実に起こることを全て自分の中の鏡とは思えなかったし、怒りのようなネガティブな感情ほどその感情の取扱がわからず、相手に投げ返したり、無意識に見えない隠し場所へ。なので同じような現象が起こるたびに私の感情は反応することの繰り返し。今ならわかるけれども、それは宇宙からの愛で私に気がつかせるために起きていたとわかる。宇宙の法則を知り、意識し始めアドバイスのもとにワークを行う。自分が何が苦手かはすぐ言えるのに、何が好きをすぐに言えない。自分の本当に欲しいものさえわかっていなかったことに驚く。月の位置を意識しながら、感情にフォーカスするうちに、古い呪文が出始める。そこでインナーチャイルドに気がついて寄り添い、仲直りする。そして幸せへの新しい魔法に変えていく。ついに私の中のパンドラの箱を開けて最後に残っていた幸せを見つけ、手に入れた。感情は自分の潜在意識を知るサインだと気がつくことが出来た。すると驚くほど現実が変わり始める。そして日常に幸せと喜びが満ち溢れ豊かさが循環し始めました。本当に有難うございました。

 

 

Yuki Kusama

 

現在オランダで藍染の作品制作とワークショップを中心に活動しています。20代のころは東京で舞台照明の仕事をし、その後シドニーへ移住、解剖病理学で検査技師をしていました。2018年にガイアハウスのマキさんと出会い様々な学びを経て自分軸の確立とグランディングの大切さを体感しました。現在はより多くの人々へグランディングのきっかけになればと思い神聖幾何学模様を中心とした商品のオンランビジネスも始めています。

 

この本はわたしがガイアハウスで学んだことの集大成だと思います。ただぼんやりと何となく幸せだけど物足りない、将来の漠然とした不安を抱えている、私にはこれがある!と胸を張って言えることがない。つい数年前までそんな感じだった私がガイアハウスでの学びを通して体験してきたことは本当の意味で私の人生をかえました。それは何かが私を変えたのではなく、ずっと目を向けなかった心の奥底で常にいたのにないがしろにしていた自分/自分自身の感情にフォーカスすることで内側から変わったのです。それを起こさせてくれたのがガイアハウスでの学びでした。なのでこの本を読むことで何かがクリックしレスキューされるべき内なる自分を発見する人は多いと思います。特に古い価値観と新しい価値観の狭間にいる私たちの年代には必須で読むことをお勧めする一冊です。